Search Results for: グリーンテクノロジーに関する特許出願の早期審査パイロットプログラムが実施されています

Number of Results: 1

グリーンテクノロジーに関する特許出願の早期審査パイロットプログラムが実施されています

2009年12月8日、米国特許商標庁(USPTO)はグリーンテクノロジーに関する特許出願の早期審査パイロットプログラムを実施する事を発表しました。現在、特許出願の継続期間は、最初のオフィスアクションを受領するまで平均して25.8ヶ月、特許化まで34.6ヶ月と発表されていますが、このプログラムを利用することで、権利化までの継続期間を12ヶ月とする目標が商務長官のGary Lockeによって発表されています。 このパイロットプログラムの期間は、発表がなされた2009年12月8日から1年間で、2010年12月8日までです。すでに出願がなされているもので、オフィスアクションが未発行であるもの。また、環境品質、省エネルギー、再生可能なエネルギー源の開発、温室ガス排出削減に関する出願が対象です。費用はありませんが、ペティションを提出する必要があります。また、クレーム数が独立項3つ、合計請求項数が20まで等、条件があります。 米国特許商標庁では、反響に応じて期間を延ばすことも示唆しています。   本件の詳細は、Federal Register(連邦公報)をご覧いただくか、恵泉国際特許事務所までご遠慮なくお知らせください。 http://www.uspto.gov/patents/law/notices/74fr64666.pdf