公告と異議申し立て

公告と異議申し立て

 拒絶理由がない、又は拒絶理由が解消された場合は、出願公告となります。異議申し立て期間は30日です。申請すれば30日の期間延長をすることができます。相当の理由がある場合は、最大180日まで延長することができます。   異議申し立ては、異議申し立ての対象となる商標の登録に影響を受ける人は誰でもできます。    マドリッドプロトコルに基づく商標の国際出願で、アメリカを指定国としている場合、米国特許商標庁は18ヶ月以内に暫定的拒絶理由を通知しなければなりません。従って、18ヶ月以内に異議申し立ての可能性があることを通知しなかった場合は、異議に基づいて出願が拒絶されることはありませ ん。また、異議申し立ての可能性があることを通知しても、異議申し立て期間の開始日から7ヶ月以内、または異議申し立て期間の終了1ヶ月以内のいずれか早い方の日までに暫定的拒絶理由を通知しない場合も同様に、 異議に基づいて出願が拒絶されることはありません。    *日本では異議申し立ては権利付与後ですが、アメリカでは権利付与前です。    

本記事を気に入っていただけましたか?
ご質問・お仕事のご依頼は、下のフォームからお願い致します。