基礎出願

優先権の回復について

近年の特許法条約(Patent Law Treaty)への加盟に伴い、米国は優先権の主張期間(特許は12ヵ月、意匠は6ヵ月)経過後であっても、当該期間経過後2か月以内の出願に対して外国出願に基づく優先権の回復を認めるよう規則の改正を行いました。

基礎出願

「基礎出願」とは、米国出願の基礎となる、日本出願のことを言います。 もちろん、最初から米国出願することも可能ですが、日本人出願人の場合、ほとんどの場合、日本で先に出願をして、それに優先権を主張して米国出願することになります。この場合、先の日本出願が、米国出願の基礎出願となるわけです。  

本記事を気に入っていただけましたか?
ご質問・お仕事のご依頼は、下のフォームからお願い致します。