外国出願/PCT国内移行の自動見積ページ

このページでは、日本出願に基づくパリ優先権主張の日本出願・米国出願・欧州出願・韓国出願・中国出願出願、又はPCT国際特許出願に基づく日本・米国・欧州・韓国・中国への各国国内移行にかかる費用のお見積りをオンラインで提供いたします。

用意するもの

まず、日本の基礎出願の明細書、または国内移行したいPCT国際出願の公報(又は出願済みプルーフ)をお手元にご用意ください。このページで行えるお見積りは、この明細書及び図面の内容を一切変更せずに各国に出願する場合のみです。

Step 1. パリ優先権主張出願か、PCT国内移行(バイパス出願も含む)かを選択してください。

パリ条約優先権の各国出願(優先日から12ヵ月(1年)が期限)
PCT国際出願の各国移行(優先日から30ヵ月(2年6か月)が期限)

Step 2. 出願国を選択してください。

(日本特許出願・米国特許出願・欧州特許出願・韓国特許出願・中国特許出願)
日本(「パリ優先主張」を選択された場合、国内優先権主張となります)
米国
欧州
韓国
中国

Step 3. この出願は、当事務所が代理しましたか?他の事務所が代理しましたか?

当事務所 他事務所

Step 4. 1年又は30ヵ月期限までの日数を選択してください。

1年期限とは、基礎出願の出願日に1年を足した日です。また、30ヵ月期限とは、国際公報中の「優先日」に30ヵ月(2年6ヵ月)を足した日です。その日までの残りの日数を下から選択してください。なお、30ヵ月期限まで一週間以内の場合には弊所まで直接ご連絡ください。
出願までの時間:

(翻訳文は、国によっては出願後の「後出し」が可能ですが、「追加料金」がかかります。米国の場合、優先権主張期限まで2ヵ月以上ある場合には、出願と同時に提出しますが、2ヵ月を切った場合、後出しとなります。)

Step 5. 日本出願の明細書、又はPCT出願の明細書及び請求の範囲の合計ページ数を入力してください。

基礎出願となる日本出願明細書・請求の範囲(40字50行の書式)、またはPCT出願(国際公開公報)明細書・請求の範囲(34字28行の書式)の
合計ページ数:
ページ

Step 6. 図面(表や数式除く)の枚数を入力してください

図面の枚数:

Step 7: 表および数式の数を入力してください

表および数式の数:

電子提出用に式や表は規定のフォーマットに編集する必要があります

Step 8. 請求項の総数を入力してください。

請求項の総数:

(米国の場合、請求項の数が20を超える場合、21項目から印紙代が1項につき80ドル加算となります)
米国出願印紙代については、ここをクリックしてください。

Step 9. 独立請求項の数を入力してください。

独立請求項の数:

(独立請求項の数が3を超える場合、4個目の独立請求項から印紙代が1項につき420ドル加算となります)

Step 10. 個人又は中小企業ですか?

出願人は:
個人
中小企業(500人以下)、非営利団体、大学・TLO
大企業
(個人又は中小企業は特許庁印紙代が大企業の半額になります)

Step 11. 配列表は提出しますか?

配列表を含みますか? No  Yes
配列表のページ数を入力してください
ページ