IPRの合法性が最高裁で審議中

scales-36417__480

既存特許の有効性を分析するIPR (inter partes review)はAIA後の制度ですが、この数年多くの特許が無効化されています。この制度が、私有財産を陪審員なしに消滅できるという点で憲法違反かどうかが最高裁判所で審議されています。

11月27日に口頭弁論が行われ、合法的の見解を示した判事が3名、非合法的の見解を示した判事が1名と、見解を示していない判事が5名いるため、最終的にどのような判断になるのか注目されています。

 

本記事を気に入っていただけましたか?
ご質問・お仕事のご依頼は、下のフォームからお願い致します。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *